外壁塗装で美しい美観を取り戻す

外壁は家の雰囲気を決める重要な要素です。
汚れが付着したり、ひびわれを発生させた外壁になっていたら、家の見栄えが悪くなり、家の価値を落としてしまいます。



新築であっても、外壁は紫外線や雨、風、大気中に含まれる汚染物質に直接ふれていますから、気づかないうちに少しずつ劣化が進んでいます。

ただ外壁は劣化が進んでも、外壁塗装をすることで補修することができます。

使用している塗料によって差異がありますが、一般的に10年に一度を目安にして、外壁塗装を行えば、常に美観を保つことができます。



10年に一度を目安にするものの、それ以前に劣化を見つけたら、早めに外壁塗装を行うことをおすすめします。外壁の劣化は、特に紫外線にあたることによって起こります。
劣化が始まると塗料の撥水性がなくなったり、塗膜が剥がれて顔料がむき出しになります。

むき出しになった顔料は、触ると白い粉になります。

外壁の状態をチェックするときは、実際に手で触ってみると、劣化しているかどうかわかります。

白い粉が手につくようになると劣化が始まっているので、外壁塗装をおすすめします。そのまま補修せずに放置しておくと、さらに劣化が進んで外壁にひびわれが発生します。
ひびわれが発生すると塗料の効果は失われており、雨水などが隙間に入り込みやすくなります。



湿気が家の中に入り込むと、建築資材が傷むなどの二次被害が起きることがあるので、ひびわれを見つけたら、すぐに外壁塗装をすることをおすすめします。